Ray Guard 435
レイガード435

Ray Guard 435(レイガード435)は眼に有害と言われている紫外線をほぼ100%カット。さらにはLED照明やパソコン、携帯などのディスプレイから発するブルーライト(青色光)を軽減した眼にやさしいメガネレンズです。

ブルーライト(青色光)とは

目に見える光(可視光線)のうち、人が青色として感じる光を意味し、分光測定波長にて、380~500nmまでと定義する。

引用:日本医用光学機器工業会 青色光カットに関するガイドライン

分光透過率曲線比較

ブルーライト(青色光)380nm~500nm波長域で従来レンズ(1.60素材、SFTコート)とRay Guard 435と比較。
435nm~440nm付近で裸眼時より約20%軽減。

製品特性

  • Ray Guard 435(レイガード435)は、すべてのHOYAプラスチック製品、レンズコートでご利用いただけます。
    ※但し1.60、1.67素材に限る
    ※ミラーコート、サンテック、ポラテック、トランジションズ、レチネックスは非対応
    ※対応カラーはアリアーテトレスのみ。キャリアカラー、見本染色、指定染色は非対応
  • Ray Guard 435(レイガード435)は、効果を得るために多少着色があります。
    ※低濃度カラーでは色調が変化します
    ※グラデーションカラーは下部の色調が変化します
  • 装用時の見え方には個人差がありますので、お店での体感をおすすめします。
  • ここでいう「アイプロテクションレンズ」とは遮光保護具や保護メガネを意味するものではありません。

紫外線(UV)とブルーライトは似て非なるもの!

本当なら用途によりレンズを使い分ける週間を持つことが大切!

パソコンやスマホのモニタ、照明やテレビなどにLEDが多様されている今、そこから発せられるブルーライトをカットする機能レンズが流行しています。
その一方で、紫外線(UV)とブルーライト(青色光)の違いがまだ混同され、誤解も多く見受けられます。

そもそも、紫外線とブルーライトは似て非なるものであり、それぞれが眼に及ぼす影響も異なります。 紫外線(UV)は、角膜炎や白内障などの眼病を誘発し、ブルーライトは、ドライアイや眼精疲労、加齢黄斑変性等への影響が懸念されています(現在も研究中)。
これらを予防するためのメガネレンズも、正しい知識を持って身につけないと、かえって目を痛めてしますことにもなります。
紫外線やブルーライトの波長領域は、JIS(日本工業規格)により規定されており、眼鏡レンズもそれに対応して進化しています。
まず、私たちがこの違いをよく理解して、用途によってレンズを使い分ける週間を身につけることが大切です。

遠近両用メガネレンズ
goods list

オーダーメイドメガネレンズ individual serise
HOYALUX LSV MSV
HOYALUX ジャズ
HOYALUX パリオル
TACT TF
class "goods" の内容がここに入ります

単焦点メガネレンズ
goods list

class "goods" の内容がここに入ります

サングラスカラーレンズ
goods list

ホヤ キャリアカラー
class "goods" の内容がここに入ります

取扱い商品一覧